クリーンを科学する。株式会社サンロード

沿革

1978(昭和53)年 現代表 髙見敏明が、会社勤務18年後に独立し、資本金400万円をもって株式会社サンロードを創業。老人介護用品、生理ショーツなどの製造、販売を開始。
1989(平成元)年 約3年間の研究開発の結果、「電石帽」を完成。特許取得。
食品製造、加工工場での異物混入防止用品としての製造、販売を開始。
1990(平成 2)年 奈良県より「奈良県地域産業技術改善補助金」の交付を受ける。
1992(平成 4)年 資本金500万円に増資。
中国上海に、合弁工場の上海太陽路衛生防護用品有限公司を設立。
1993(平成 5)年 近畿通商産業局長より「企業経営の合理化」の表彰を受ける。
資本金1,000万円に増資。
「電石マスク」、「産業用ディスポマスク」、「メディカル用マスク」を開発、販売を開始。
1994(平成 6)年 静電気除去器「コロナガン」を開発、販売を開始。
包装容器やプラスチック製フィルム面からの異物除去装置「仁王番」を開発、販売を開始。
1996(平成 8)年 資本金2,000万円に増資。
毛髪落下防止用帽子「サニキャップ」を開発、販売を開始。
薬品、食品の空調システム用フィルター「電石サニフィルター」を開発、販売を開始。
1997(平成 9)年 奈良県より「'97ならグッドデザイン技術デザイン賞」を受賞。
2000(平成12)年 「サニキャップ」の特許取得。
2002(平成14)年 中国青島に、100%独資で青島太陽路衛生防護用品有限公司を設立。
2003(平成15)年 品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001:2000年版」を認証取得。
2004(平成16)年 中小企業経営革新支援法に基づき、奈良県より「経営革新計画」の承認を受ける。
2005(平成17)年 必要な部分だけをクリーン化する「クリーンブース」を開発、販売を開始。
2006(平成18)年 環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001:2004年版」を認証取得。
「2006ならグッドデザイン」において優秀賞(電石帽SR-3オーベルト)技術デザイン賞(立体マスク)を受賞。
2007(平成19)年 東レ・ファインケミカル株式会社より、東レ「トレミクロン」事業発展への貢献の感謝状を受ける。
2008(平成20)年 「2008ならグッドデザイン」において、優秀賞(ソフト帽SB-024)を受賞。
2009(平成21)年 品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001、2008年版への移行更新審査に合格。
2010(平成22)年 奈良県が運営する、奈良県企業情報発信サイト『ナビリンク』に参加。
現代表 髙見敏明が、社団法人葛城納税協会より、「納税道義の向上」の表彰を受ける。
2012(平成24)年 日本貿易振興機構(JETRO)の輸出有望案件発掘支援事業に採択。
2015(平成27)年 事業拡大のため、本社工場を移転。
2017(平成29)年 ISO9001およびISO14001において、2015年版規格への移行更新審査に合格。
発明協会「平成29年度近畿地方発明表彰」において、発明奨励賞(電石帽SR-3オーベルトUB)を受賞。
サンロード問い合わせ